倒れ付すとも。

ブログを使って声や思いを整理したいと思っています。

望まれて尚

早く死んでくれないかなって思われているのはわかってた。だけど実際に文が目に入ると鼓動が早くなった。最低だなって思った。

 

もう何ヶ月経ったのか数えるのをやめて随分経つ。私は未だこのやり場のない憤りを抱えたまま生きているわけで、心臓を動かしているわけで、自分に甘いみたいだ。年明け以降、いやカフェインOD以降自殺未遂を一度もしていない。地獄のように苦しいってわかってしまったから。許されざる事だと思う。私を責める声が聞こえる。

 

自分の機嫌は自分で取りたい。感情をコントロール出来なければ、また誰かに迷惑をかける。疲れさせる。最近徹底している、あ、無理だ誰か助けてくれ、私の話に肯定を返してくれ、と思った瞬間に他の人間と距離を置くこと。これは最善策だ。まだ誰にも頼らない。大丈夫、やっていける。

 

滑稽に生きていくには、自分を殺しきらないといけない。感情を殺せない、苦しむのが怖い、自殺に踏み切れない私に、罰を与えなければいけない。そう思ったら物理的な自傷癖がぶり返した。制服で隠れる二の腕、太腿、足首をカミソリでスパスパ切っている。この前はなかなか深めに切ってしまって、縫合は嫌だからテープでずっと肉を寄せてくっつけようとしていた。

ピアッシング用に買ったニードルを肘裏に刺して瀉血をする。ブロンの空き瓶一瓶ぶん抜いてみたら頭がグラッとするのがODに似ていて楽しい。ブロンODはほぼ日課だ。金ばかり浪費する。

 

苦しんで(大した苦しみではないが、便宜上苦しむと表現する)苦しんで藻掻いて、誰にも頼らずにこの想いを完結させようとしている間、暴言言いっ放しの彼女は楽しくイチャイチャしながら生きてんだろなと醜くも思う。そんなもんだ。そして彼女は私といる時より遥かにうつくしいものを沢山沢山作っている。彼女は私の不可侵な光だ。どんなときも、今も。私と離れたことは彼女の人生にとって賢明で正しい尊重されるべき判断だ。世界ってそんなもん。なにもかも仕方ない。全て私が望んだことで、全ては順当。だから私は早く死なないといけない。滑稽な一人芝居を誰かに見せつけて縋る前に死なないといけない。4月からの新生活への準備が整っていく中、あれ、これでいいのかな。私生きていくつもりでいていいのかな。って思う。出ていくお金を見ながら後戻り出来ないなって目の前が真っ暗になる。生きていちゃいけないのになぁ。

去年の今頃はプロポーズに舞い上がっていた。若かったなぁと思う。一生離さないなんて戯言、熱に浮かされれば信じてしまうものだな。吐き気がする。きみじゃなきゃダメなんて大嘘だ。ゆるせねぇなって思いたくなるのを必死で抑えている。

 

四肢を包帯でぐるぐる巻きにして、早朝に壁に向かって泣いている私は滑稽だろう。なんで醜くも生きているんだろうな。空っぽのまま生きていってもいいんだろうか。何も生み出せないくせに。