倒れ付すとも。

ブログを使って声や思いを整理したいと思っています。

煙に消ゆ

 酷いことをしたもんだなぁと度々思う。

あの日憧れて吸った、今も辞められない苦い煙が、換気扇に消えていくのを見てこうやって消えていきたいもんだと羨ましくなる。私の罪は取り返しがつかないし、手を離されたのだと思い込んでは違うと自戒する。振りほどいたのだ。私はあの手を。いとしいあの手を。

哀しい程に一人だ。誰かとの会話を繰り返す度、人の時間を奪う罪悪に浸って悲嘆に昏れる。どこまでも気持ちわりぃなと思う。うつくしく死ぬ妄想がやめられず、寝ても醒めても生きるのは暗い。愛されてみたい。一生分の愛を経て尚止まらない。欲望を誰かどうにか殺してはくれないか。

人生を映画に例えるのであれば、私は誰のエンドロールにもいたくないし載ることもない。だけど私のには、最後に載せたいひとが1人いる。この想いは、願いは、信仰だ。光である貴方への祈りだ。有象無象の中のひとり、雑踏からのささやかな祈り。だからこそ重いのだ。わかっている。ただ今の距離はすごく心地好い。たった1人どこにも向かわず受け取られる期待も持つことなく、ただ憧憬を抱いているままが私には丁度いい。それだけでいい。もうこれ以上、あのひとの時間は求めない。あの時計は壊されて然るべき物だ。うつくしいおわりだ。それでいい。

 

この死体が醜いものであるのは分かっているから、うつくしい死化粧の為だけに尽くしてくれる腕のいい人を探したいなぁと思う。なんとなく。

私がもう少し素敵な人間だったら良かったのに、なんて思うだけ無駄だ。甘えと怠惰の醜悪な人間であることに変わりない。手を伸ばすことを、袖をそっと引くことを諦めて、大事なひとの幸せの為に手を振った私の、小さな因果応報。これ以上、誰かと何かを楽しもうという気持ちは捨てた方がいいのかもしれない。その欲求が誰かの創作の妨げになるようなことがあれば死んでも死にきれない。

作り続けていかなくては、と無闇に考える。作り出せない私に価値はない。だが私の創作で人の気分を害していることに、もう少し敏感にならなくてはならないと思う。もっと考えろ。そして誰かに認めてもらえるものを人生でひとつは作りたい。

私は血の通った人間である。赤い血が出るし、生きていくにはカネが要る。殴られたら傷がつくし、暴言を吐かれたら痛い。それを許容するにはまだ時間がいる。だから今に見てろ、って頑張り続けるしかないのだ。私が本当に私のなりたい姿になるには、捨てなければならないものと改善しなければならないものが多すぎる。だからまだ、星を呪うことも運命を恨むことも出来ない。禁じられている。