倒れ付すとも。

ブログを使って声や思いを整理したいと思っています。

執行猶予

17歳の冬までに死ぬと決めた。

 

 

9月23日の夜、なんだかなんにも考えられなくなって、今までの飲み忘れの薬や昔処方されて飲んでいない薬を数えもせずにたくさん飲んだ。

いつもの軽いトリップで終わるはずだったが、ちょっと飲みすぎた。次の日の朝倒れて、記憶が1日飛んで気付いたらその次の日の朝だった。

 

その間は異様だったらしい。顔つきもおかしくてちゃんと歩けてなくて気を失い失禁したらしく、でも自分はなんにも覚えていなくて、身体中痛くて、自分のコントロール外で死ぬ事の恐怖をちょっと頭に刻んでおいた。

 

多分その時死んでしまったら、最後に会話したのは大好きな人だったと思う。TwitterのDMで、私は薬を飲んだ直後連絡先を消しておいてくれと言っていた。迷惑がかかるのを恐れていた。死ぬことが一番の迷惑なのにあほらしいと思った。

記憶が無い日の翌日は、初めてそこまで陥った不安からの助けを求める話に5時間近く付き合ってくれた。何度も私のことを気持ち悪くないよ、死んで欲しくないよ、って言ってくれてて、正直嬉しかった。なんだかな。自分的にはそういう反応をもらえたから記憶が飛んだのはアリかなって少し思ってしまったが、私を発見して介抱した母は相当ショックだったみたいで怖い顔をしていた。もう自分でコントロール出来ないほどのODはやめようと思う。

 

自分が許せないことの半分くらいを、彼女との関係のことが占めている。だからしばらく彼女と話してもらって、気持ちを整理していった。自分を卑下する言葉が増えていって、そうするとやさしい言葉をたくさん貰えて、どんどん好きになってしまう。死にたくなる。自分が小学生の頃発見したいい子悪い子論にわりと人生を縛られている。

彼女とはもう2年以上の付き合いになり、来年彼女が私と出会ったころの歳に自分がなることに気づいた。その頃の彼女に比べたら私は酷く幼くて、前々から考えてはいたものの、彼女に告白されたあの日、彼女と同じ年齢、になる前に死のうと決めた。

 

進路のことも考えたりするが、もうすぐ死ぬと決めているから無意味に思える。将来の副作用も考えずに咳止め薬を飲み続ける。今を誤魔化すのに精一杯で、なんだか自分が怠けているように思えて、死にたい。なにもかも自分のせいだ。