倒れ付すとも。

ブログを使って声や思いを整理したいと思っています。

2018/04/16、高校生活

今日も通院。特に異常なし。

 

最近少し遅めの入学式に参加した。明日から単位制・通信制で週四登校。

ほかのコースの生徒と学年が上の人の転入生、その保護者さんでなかなかの人口密度だったがどうにか乗り切った。

教室となると不登校直前の気分が喉に酸っぱく上がってくるけど、学費をしっかり自分で計算したのは本当にいい薬で絶対に登校しなければならないという意志も固まる。

 

病院の先生には、周りの目が気になって辛くなることは薬があるからほぼ100%ないと言われたが中学時代の刷り込みがあるので五分五分だと思う。過信はしないで学業に再び専念したいと考える。

 

あの中学の空気はなんなんだろう。

ひとつのミスで周り全てから嘲笑され落下していくような感覚、目に見えないハンデは全部自作自演の空気、全て病気の幻覚だと言われればなんとも言えないが、もし本当に全部幻覚だったら卒業式2部の仲間はもっと少ないと思う。

 

そんな事を卒業直後からぼんやり考えていたら月初めの頃に中学時代の友達にカラオケに誘われた。中1の1番楽しかったころの友人達だった。

最初こそ不登校になって逃げた自分が恥ずかしくて緊張もしたけど、彼女たちは中一の頃と変わらないつい先日会ったばかりのように接してくれた。本当にありがたいことだ。

 

どうにか社会復帰に1歩を踏み出してみたが、高校だけはしっかり通う決意を固めた4月前半だった。