倒れ付すとも。

ブログを使って声や思いを整理したいと思っています。

霧の中でもがく

将来のことはあまり考えたくない。

 

学校は早々に終わり、一昨年のようなニート生活が始まっている。もちろん週末4日は働いているものの、平日は床に伏せっぱなしだ。気力がない。絵を描く小説を書くなどの生産的な行動は全くもってできないし、ゲーム読書アニメの録画消化などの受動的行為もできなくなった。暗い霧の中にいる。前が見えないのが怖くて誤魔化すために薬を飲む。今日は34錠。

 

学校から進路についてのプリントが来た。志望校、もしくは就職したい会社名を書き込んで提出。未定と白紙と未提出は許さないそうだ。何も考えたくない。1番周りに角が立たず提出できるのは、高1と変わらず埼大の志望を出すこと。でも正直そんな実現しない夢を机上の空論を語っても意味が無いとは考えている。

高校すらちゃんと受験せず通信単位制なんかに甘えてるやつが塾にもいかずに1人で自律的に勉強して完全な独学で完全な自己負担で国立大学なんて、誰が考えても無謀だ。過程なんて情熱でなんとかなる、という程の夢も持ち合わせちゃいない。かといって就職したい会社なんてない。甘っちょろい気持ちしか持ってないやつが就職したいなんて思う資格がない。無い無いづくし、でもでもだって。分かってる。死ぬしかない。死ぬしかないんだ。分かってる。でも怖いんだ。死ぬのが怖い。ゆるして。ごめんなさい。

自分の欠点を書き出して自己批判に励む。いくら自分を罵倒しても金は降ってこない。どうしたら。どうしたら。

 

自分がやりたいことなんて分からない。周りが何を望むか、周りがどんな私であれば納得するか。そればっかり考えている。だって最終結論は結局親が下すものだ。自分がやりたいことが出来たとしても未成年である限り全ての決定権は親にある。でも親の希望は到底実現不可能だ。ならばいなくなった方がいい。親の希望を実現できない子供が生きていていいはずがない。大反対を押し切った人の体験談なんて要らない。親の否定を上回る成功をチラつかせられたから、成功を信じられたから押し切れるのだ。そしてその先に圧倒的なそれをしっかり実現して親を満足させたっていう功績があるから成功談として語れるのだ。生存バイアス。大反対を押し切ってまで失敗した人はだいたい死んでいる。生物の状態としての生死ではなく、自分の心を死なせている。

 

私はそこまでして実現させたい成功も夢も語れない。ならば“今”周りが満足すればそれでいい。満足させられない人間は淘汰されるべきだ。死んだ方がいい。満足させなくちゃいけない。死んだ方がマシだ。誰かの理想に叶う人間になりたかった。好きな人の理想の彼女に完璧に近付いて愛されたいとかそういうのでもいい。なんでもいいから成功したかった。成功には気力と才能と地頭とカネが要る。何にもない。死ぬしかないんだ。心臓が痛い。このまま気が狂って死んだらいいと思う。死ねたら楽だ。今求められているのは、完全な独学、学費も全部自分で払っての確実な国立大学進学。これほどハッキリしているのに直視しようとしないのは、出来ないのは、自分の能力の不足と死ぬしかない現実が見たくないから。将来の話はしたくない。自分を見つめ直したくないから。いくら見つめ直してもダメな場所しか見つからなくて死にたくなるから。涙が出るから。

がんばってるのかなぁ

学校の後期試験が終わった。

 

毎日が憂鬱すぎて学校に行きたくなくて、でも試験は行かないとこれまでほぼ皆勤って位行ってた出席が泡になるので、毎朝ブロンを15錠儀式のように飲み干してから行くようにしていたら試験が終わったのに毎朝それを欲してしまうし、その欲望に折れてしまう。

 

仕事にも10錠飲むようにしたら仕事についてまわる客からのセクハラ・クレーム対応がそんなに苦痛じゃなくなり効率も上がった。店長先輩同期みんなに褒められるし明るくなったねって言われる。両親も主治医に最近明るくなったんです、と話す。ごめんなさい、全部ブロンのお陰だ。

 

過剰服薬の影響か、内臓が痛む。臍から手を突っ込んで尖った爪で掻き回されるみたいな痛みが波を持って続く。止んでいたはずの心臓の痛みも復活していて、握られるような痛みが始まった。

 

心の痛みも治らない。どうしても夜中気力もなく大好きだったゲームお絵描き小説を書くとかそういうことが出来なくなって虚無感と死にたさを抱えてぼうっと座っていることしか出来なくなった。仕方が無いのでそこにもブロンを25入れれば、その日の睡眠と引き換えに楽しさと幸せが手に入るのだ。

 

彼女には叱られた。一度に25?アタックチャンス出来るじゃん?!減らしていこうな、と冗談交じりに私を諌める。その度に嬉しくなって、つい甘えて、愚痴を吐いたりしてしまう。

がんばってるのかなぁ、と言えば、頑張ってなかったら息してないだろと返してくれる。

もっとがんばりたいなぁ、と言えば、これ以上頑張ったら潰れるぞ、頑張るのは今じゃなくてもいいなんて優しい言葉を掛けてくれる。優しさでどろどろにされていく。

 

時々夢を見る。

その中で彼女は私に愛想を尽かしていて私のことが大嫌いで、でもメンヘラで死なれたら面倒だからなんとなくあしらってくれていて、どうしても嫌いになりきれないって、辛そうにしている。 起きる度にこれはどっちが夢なんだ、と迷って、今までの優しい彼女が全部私の妄想の産物だったらと不安になる。

昨日優しくしてくれた彼女に今日も不安を吐いてしまった。返事はまだ来ない。そろそろメッセージを全部消してなんでもないよと言おうか悩んでいるところだ。

未来の話、

そりゃあもう叱られた。もう許してもらえないかと思った。そのあとベロベロに甘やかされた。余程癖になりそうだと思った。

 

ともかくブロンとルルを飲んだ日は結局眠れず一日中目が冴えて大変だった。眠れないけど寝たいから布団に伏したままで、夕方ぐらいにぞわりと悪寒がした。つま先から嫌な感じが登ってくるのでうわ、と布団の中を覗いたら、目の前がグラッときて次に目を開けたら幻覚が私を襲っていた。

からだに穴が空いて見える────

前回の記事で心に穴が空いてそこには紙風船しかないのだ、と比喩で書いた。しかしそれは現実になった(ように見えた)。この状態はどこかで見た、そう、「宝石の国」という漫画のパパラチアというキャラクター。幻覚の感じは多分記憶から出てきてるので、元ネタ?はきっと彼。彼は身体中に穴が空いていてぴったりとはまる相性のいい宝石を詰めないと動けないのだ。

彼よりいくらか少なく、もう少し丸い。でも確かに風穴がぽっかり空いて見える。風が通り抜ける感触がするのだ。

身体がガタガタ言い出す。息がコヒュ、カヒュ…とおかしくなる。心臓が暴れる。

落ち着かなくちゃ、でも薬を飲むのはダメだ。ダメだ。怖い。こわいこわいこわい………

 

そんな時に、久しぶりに例の彼女と連絡がとれそうなチャンスが来た。覚束無い指でTwitter上で少し話した。息がだいぶ落ち着く。涙でビチャビチャの顔で、錯乱状態で助けを求めた。

 

まずは乱用している薬を減らしなさい、と叱られた。すぐやめろ、と言わないあたり本当にメンヘラほいほいなんだろうなと思った。

 

君のこの前の冗談を真に受けてしまったから、愛してくれるんじゃないか、それでこん穴埋めてくれるんじゃないかなんて思ったんだ。そう懺悔すると彼女は言葉も出ないほど怒った。

 

本音を冗談と受け取るのはやめろ、と叱られた。

あれから彼女は私を突き放そうとして話さなかったんじゃなかった。私の、私なんかの為に1度突き放したことを気にしてどう話したらいいかわからなくて接しなかったのだと。涙が出た。

自分の考えをよく振り返ってみたら、幸せ恐怖症じゃないけど、そういう所はあった。冗談だ、嘘だと考えた理由について。

 

あまりにも辛すぎる現実を避けようとしてもっと辛い妄想に潜って相対的に現実を楽にする、しかし楽に見えすぎて現実さえ夢だと思う。

言い聞かせてるうちに妄想が現実になる。そうして現実と妄想がぐちゃぐちゃに混ざりあって自分の首を絞めるのだ。

 

結局。同性同士は難儀だ。話し合いの末元には戻らない。どんなにお互い好きでもちゃんと付き合うのはまだ怖い、いつかもし直接会うことがあったら、それまで結論は先延ばし。そういう所に着地した。

安心した。会えたらどうしようね、と笑いあって。途端に視界が揺らいで、泣き疲れて、瞼が自然に降りた。悪夢を見ることも無く昨夜はよく眠れた。

 

死なない。死ねないのだ。本当に直接会うまで。必死に働いている分そのうちお金は溜まるだろう。こうやってまた彼女は私を救って、私の生きがいをくれるのだ。どうしようもない私を。赤の他人だというのに、迷惑しかかけない私だというのに、どうして好きでいてくれるのか本当に疑問なのだが。

 

彼女はそうやって、私の胸の穴をしっかりと埋めてくれたのだった。

紙風船と糖衣錠

心が紙風船にでもなってしまったようだ。

 

夏の記事に書いたように、決心して投げ捨てた恋心は、結局最近彼女に拾い上げられてしまった。彼女はそれを一瞥し、恐らく割れ物を扱うかのような丁重さで大切に広い広い心の隅に置いてくれたのだろう。その行方を私はよく想像するようになった。

 

あなたは盛大なる誤解をしている、自分はあなたを嫌って離れたのではなく好きすぎてつらいから離れたのだ。

それを拾い上げる時、確かにそう言っていた。

 

嘘、なんだと思う。大人の嘘。私はそれを放り投げた経緯を頭がおかしくなって勢いで当の本人に話してしまったのだった。それに対して慰めとしてかけてくれた言葉は、子供には理解できない高度な嘘、というか相手を気遣う心だったというか。自分が嫌な女で重くて面倒な奴だということは言われなくてもわかっているので、短いあの付き合いのなかで一方的に幸せを傍受していたのは私だけだったはずなのだ。そして今度も、私がまた付き合えるのだと勘違いしただけで復縁なんかではなかった。……論より証拠。なんてったってそれから今日まで私達は言葉を交わしていないのである。

 

心の虚しさに耐えられなくなって腕を切ろうとしたもののやはり生傷は仕事に支障が出る。疲れて頭の回らない仕事帰りにドラッグストアに走りほぼ無意識で購入したのは、以前依存寸前で親に取り上げられた咳止め、ブロンだった。メンヘラ界隈では有名なOD向けのお薬だ。60錠で2000円弱、高級である。しかし臆することなくリストカット時代からの馴染みのドラッグストア(ポイントカードまで作っている)で財布からぽんとお札を出して、簡単に薬剤師に確認を取られはいきっちり用法用量守りますと宣言し、駅ビルのトイレでそれをリュックサックの奥へしまい込んだ。

 

仕事が午後からの日の前夜、よおしこれで次の日壊れても午後までに持ち直せば問題ないぞとそれを20錠喉に流し込んだ。宣言とは何だったのか。

泣きながら飲んだそれが、身体に回るのを浴槽に浸かって待った。

久々のODに吐き気を催す。錠剤が喉を通る感覚がトラウマで。そんなことは言ってられない。胸に穴が空いているのだ。潰せば空気が抜けそうな紙風船しかそこにはなくて、早くその頼りないものを退けて何かを詰め込まなくてはならない。

暫くすると気力が湧いて身体が軽く動くようになった。毎日嫌で仕方ない洗髪もスイスイこなせる。風呂を出る時にはシャキっとした感じは鳴りをひそめふんわりとした多幸感に包まれる。スキップしたいくらいだ。生憎家はアパート・マンションである。口が達者になる。まどろみの中で半分夢をみつつ、目の前の作業をサクッとこなす。

多幸感でいっぱいだった。胸にぽっかり空いた穴は糖衣錠20錠で満たされた。嬉しかった。今の問題は考えないようにして昔の彼女との思い出に浸かればより一層楽しくなった。その夜は多幸感に包まれて眠った。素晴らしい安眠だった。

 

心配した副作用は次の日全くなく、根暗モードは通常運転で4時間連続レジをこなした。

こんなに楽しいなんて、病みつきになってしまう。この薬は来月の生理前の地獄のためにとっておこう。

 

決意は3日で破けた。昨夜はボロボロに泣いた。だって結局クリスマスにすら連絡は無かったのだ。私の勘違いは確定した。本当は少し期待していたのだ、一途に想えば報われるってやつを。愛されたくてなんて陳腐な理由で泣いた。胸にもう一回り大きい穴が空いて貫通した。ひゅうひゅうと通り抜ける北風に耐えられなくなってブロンを15錠、目の前にあったルルを8錠流し込んだ。

また浴槽に浸かって薬が回るのを待つ。

ルルを混ぜたのが悪かったのか効き始めは遅く猛烈な吐き気が押し寄せてくる。それをなんとか我慢すればシャッキリと目が冴えて低気圧で重かった頭がハチャメチャに軽く、正気はトンだ。洗髪をさっさと済ませる。

妹がどうやらもどしたようだった。風呂を早く出て妹に譲れと母の声。片や私は薬で頭がくらくら。そそくさと出て、普段は嫌っている父に向けて早口でなにか楽しそうに喋った気がする。シャキシャキと動けるので億劫でなかなか手がつけられなかった机の上の片付けをこなす。みてみてきれいにしたよ!と幼児よろしく母に言ったがはやいかガクッと気分がふわふわに移行する。幸せで幸せで誰かに愛いっぱいに抱きしめられた気分になった。所詮薬なのに。

しかしブロン単体と違ってやはりシャキーンと覚醒する感じが強く、全く眠くない。結局この時間まで寝ていないし眠気が全くない。ふわふわな多幸感が抜けて今はただただ吐き気と異常な目の冴えが私に爪を立てている。

 

やばい、とは思う。3日持たないって、あんまりだ。1度で20錠近く飲み、1瓶60錠入り。1週間持つか持たないか。不味いぞ不味いぞ。続きの84錠入を買おうとする私と、一瓶終わったらもうやめようとこらえる私。

 

でも薬以外でどうやって、このすぐに穴があく欠陥品の身体を埋めればいいんだ。手足が冷え切って上手くタイピングが出来ないので、どうにか眠ろうと布団を被ろうと思う。

苦しい

上手く行き過ぎたのだ、今までが。

 

涙が止まらなくなった。自責が抑えきれない。バイト先の制服が半袖なので腕を切るには至らないが矛先が脚に向いて、切りたくて切りたくてどうしようもない。ガーゼも絆創膏もカミソリも奥にしまい込んで置いているのに、何を考えても隠された青いカミソリに頭が逸れていく。

 

将来を直視したくない。所詮私の通う通信制で単位制の学校は高卒認定の為に最低限を学ぶための場所である。つまり真面目に勉強し補講に出ようが朝自習に出ようが大学へ行く為には予備校か塾に通わないとそのレベルまで教えて貰えない。母は塾には自分のお金で行きなさいという。しかし大学の資金として働いているはずなのに塾に行ったらスッカラカンになる程しか私は稼げていない。

家にお金が無く、けれど補助を受けられるほど貧乏という訳でもないので両親は私の完全なる自力での国公立大学への進学を期待している。学費も受験料も自力で払えない私に正直大学進学はほぼ絶望的だ。

かといって高卒就職するにしてもどこにも行きたいと思う会社がない。やりたい事は皆高望みというか、好きなだけで仕事として食っていって周りを安心させられるようなものは特に無い。自分はきっとどの職にも就けないグズなのだという意識が抜けず一心不乱に努力するほどの夢もない。どうしたらいいか分からない。目の前に迫るのは死だ。唯一の何も考えなくて良くなる解決方法である死に縋りたくて縋りたくて、でもそれはいけないことで、ならば私はどこに縋って立ち上がればいいのだろう??早く終わりにしたい。もう何も見えないから顔を上げたくない。俯いてゲームとネットで今の不安を適当に誤魔化す生活が悪いものなのはわかっている。普通ってなんだ。いい生活ってなんだ。普通の高校生ってなんだ。いい娘とはなんだ。分からない。手首を切って腿を切りたい。ついでに腹もきったら死ねるのに。どうか罰を。駄目な私に罰を。ごめんなさい。謝りながら生きていかなくちゃいけない。どうしようもない。苦しい。苦しい。

 

私を助け出せるものは死しかない。